Seismic Charge趣味の話題をあれこれと。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
バンダイ ポリストーンコレクション 機動戦士ガンダム SCENE G-14 ガンダム(Vol.4)「ガンダム発進!」 15:58



「宇宙か・・・」

劇場版:機動戦士ガンダム掘屬瓩阿蠅△け宙」より

宇宙要塞ソロモン攻略に派遣される連邦軍宇宙艦隊からジオンの目をそらすため、おとりとして再び宇宙に上がったホワイトベースに、シャアのかつての部下ドレン率いる「キャメル・パトロール艦隊」が迫る。追撃準備を整えた「アムロ・レイ少尉」の「ガンダム」がカタパルトにつく。舞台を再び宇宙に戻しクライマックスを迎えた「劇場版:機動戦士ガンダム掘廚遼粗シーンを、ミニジオラマで再現しました。(箱説より)





めぐりあい宇宙の大好きな冒頭シーンの1場面です。テレビ版と違いオリジナルで、作画のクオリティも高くガキんちょだったボクにもかなりのしっくりポインツでした。ムサイのプラモを買って主砲が3門あるうち1門を削りわざわざキャメル艦隊仕様のムサイにしたものでした。




さてこのフィギュアですが劇中のしっくり場面といえどとてつもなく地味ですね(^^;
まだ前回のガンキャノンの方が多少動きがある分見栄えは良いです。カタパルトに乗ろうとしている表現ですがほとんど動きがないですから…。




造形的にもぼちぼちといったところでそんなに素晴らしいと感嘆もしなかったですねぇ。
着色も普通って感じです。



もうちょっとアレンジでも良いので味があった造型法でも良かった気がしました。

・造形度   :■■■□□ 3
・塗装度   :■■■□□ 3
・しっくり度 :■■■□□ 3

おまけ
GUNDAM EVOLVE#1
| フィギュア | comments(0) | trackbacks(3) | posted by RED-LEADER
スポンサーサイト 15:58
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://rogue.jugem.jp/trackback/255
ケンコウな生活とガンダムについてのブログです。使い始めのとっかかりになればいいな、と思っています。
| ケンコウな生活っていったい?ガンダム?! | 2006/12/24 4:38 AM |
宇宙艦隊宇宙艦隊(うちゅうかんたい)は、宇宙空間における戦闘用艦艇で構成される架空の艦隊である。主に宇宙戦艦や宇宙空母、宇宙戦闘機などから成り、宇宙戦争(星間戦争)を扱った様々なサイエンス・フィクション|SF作品に登場する。----.wikilis{font-size:10px;c
| SFファン集合! | 2007/02/09 7:52 AM |
機動戦士ガンダム『機動戦士ガンダム』(きどうせんしガンダム、MOBILE SUIT GUNDAM)は、サンライズ (アニメ制作会社)|日本サンライズが制作し名古屋テレビ放送|名古屋テレビをキー局として放送されたロボットアニメ。「ガンダムシリーズ」の第一作
| harukaのブログ | 2007/03/02 12:59 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>